フルーツ青汁でダイエットに失敗しない方法

フルーツ青汁でダイエットに失敗しない方法

フルーツ青汁,ダイエット,失敗,方法

 

ダイエットのためにフルーツ青汁を飲む人もいますが、その中でも効果が高い方法はファスティングダイエットです。ファスティングダイエットは方法を間違うと、失敗しやすいダイエットでもあります。簡単にやり方を説明すると、断食です。食事をしない事になるが、全く摂らないわけでなく食事の量を極端に減らして胃腸を休ませる方法です。

 

普段は1日3回食事をするが、これだと胃腸が休む時間がないです。胃腸に常に負担をかけている事になるため、内臓を休ませて機能を向上させるようにします。食事の量を減らすものの、栄養には気を付けないといけないです。必要な栄養素は摂取しても、身体に負担にならない軽いものを摂取出来るのが理想的です。

 

そこで手軽に摂取出来るものが、フルーツ青汁です。ビタミンやミネラルが豊富に含まれているため、カロリーが低く消化も良いためファスティングダイエットには向いている飲み物です。ダイエットを行っている時に気を付ける事は、最後には普段の食事に戻していくためゆっくりと戻していく事です。

 

これにより、効果を長続きさせる事が出来ます。初めて行う人は、断食の日を1日もしくは2日から行うようにして徐々に増やしていきます。リラックスして行えるように、少しずつ慣れていきましょう。

フルーツ青汁のデメリット

フルーツ青汁,ダイエット,失敗,方法

 

フルーツ青汁のデメリットは、食物繊維の過剰摂取で逆に下痢になる事があります。1日の野菜摂取量は450グラムが良いとされていて、それを超えて摂取すると下痢になる場合もあります。いくら腸に良くても摂り過ぎるのは、逆効果になります。

 

便秘になる場合もあり、腸に溜まった便が動いて逆に詰まってしまう事もあるためです。薬によっては併用してはいけないものがあり、ビタミンKはワルファリンなどの抗凝固剤を服用している人は薬の効果が得られなくなってしまいます。このため、服用している人は飲んではいけないです。

 

この薬を飲む人は、心臓病や脳梗塞等を患っている人です。ビタミンKが含まれているフルーツ青汁は、絶対に飲まないようにした方が良いです。血液の流れをスムーズにするために抗凝固剤が投与されて、ビタミンKは抗凝固剤の効果がなくなります。

 

抗凝固剤には、ワルファリンやヘパリンやフッ化ナトリウムやクエン酸ナトリウム等があります。いくら身体に良いものでも、飲みすぎには注意が必要です。飲みすぎる事でビタミンの過剰摂取になり、頭痛や腹痛や関節痛や肝肥大等が引き起こされる場合もあります。

 

自覚症状が出た場合は、飲むのを直ぐに辞めるようにします。

ハッピーマジック青汁の購入通販はこちら!トップページへ飲みやすく美味しい青汁を飲みたい方、置換えダイエットに取り組みたい方はトップページでハッピーマジック青汁の詳細をチェックしてみてください。